通勤ラッシュは.com

読んだら、ちょっと生きやすくなるかもしれない日記。

【第三章】自宅カフェ化計画

自宅カフェ化計画

f:id:shinod_blog:20180817072226j:plain

 

あらすじの記事はコチラです。

 

shinodism.hatenablog.com

 

shinodism.hatenablog.com

 

 ということで、第三回です。

 

まだまだ続くよ。

 

っつーことでですね、「自宅カフェ」というコンセプトを大切にしたく、一旦、メニュー購入してみましたとさ。

 

f:id:shinod_blog:20180816063300j:plain

 

そう、コンセプトからずれないって大事なことだと思うんですよ。 

 

ほんで、やっぱ緑置きたいよねえってことで、同時に観葉植物も購入してみました。

 

f:id:shinod_blog:20180816063317j:plain

 

「パキラ」っていう名前の観葉植物です。

 

結構、育つみたいっすよ。

 

いやいや、その前に、その後ろの壁紙なんやねんって感じですよね。

 

ええ、実は、壁紙貼っちゃいました。

 

白の壁紙があまりに殺風景すぎたので、なんかカフェ感ほしいなって思った結果、壁紙を貼ることに至りました。

 

っつーことで、結果の写真がコチラです。

 

f:id:shinod_blog:20180816063349j:plain

 

うわあ、自分で言っちゃうけどさ、これぞインスタ映え

 

っつーことで、いい感じに「自宅カフェ化」が進んでいるところであります。

 

もうね、 僕は一体誰と闘ってるんだ、と思うわけですけどね。

 

もう完全に「ゾーン」に入ってもうてるわけ。

 

言ってしまえば、毎日が終わりなき文化祭準備なわけよ。

 

と、同時にハマり症なもので、「色彩理論」もついでに学び始めました。

 

「色」ってすごく深いんですよ。

 

なんか「色」を極めれば、ファッションも攻略できそうな気がしてきたので、色の勉強も始めてみました。

 

ブログのカテゴリに「色彩理論」「ファッション」が現れる日もそう遠くはない。

  

会社の人にこの写真見せたら、

 

「お前、女の子連れ込む気満々じゃねえか」とか

 

「ドスケベハウス」

「下心しか感じない」

「もはやクサイ」 

  

って言われたのがハイライト。

 

すっげえ言われようだな。

 

だが、そんなん何言われようが関係ない。

 

外野の声を気にするヤワな漢じゃねえ。

 

だって、ココは「俺様がルール」の統治国家なのだ。

 

人生は永くて短いのだ。

 

ちょっとぐらいイキらせてくれたっていいじゃないって思うわけ。

 

ただ、勘違いしないでほしいのは、自分は部屋という「空間」に課金してるのではない。

 

残り人生の有限ある「時間」に課金してるんだ。

 

だって、ありふれた時間を愛しく思いたいじゃん。

 

それは愛の仕業と小さく笑いたいじゃん。

 

もし、愛しく思えないなら、それは日々の業務の仕業だし、たまにふとちょっとエモくなるのはそれは死にゆく平成の仕業。

 

っつーことで、この家はまだまだサグラダ・ファミリア状態です。

 

 

自宅カフェ化計画、まだまだ続くよ。 

 

ほなまた。

 

今週平日最後の金曜日、ストレス社会の日本にドロップキックぶちかましていきましょう。