通勤ラッシュは.com

読んだら、ちょっと生きやすくなるかもしれない日記。

恋愛感情と性欲について。

f:id:shinod_blog:20180814064552j:plain

どうもどうも、shinoDです。

本日のお悩み相談はコチラ。 

shinoDさんは恋愛感情と性欲は連動するものだと思いますか? 性欲が全くない訳では無いんですが、自分の好きな人とそういう行為をするという発想に至りません。 そのことを友人に言うと「そんなん好きな子と付き合うメリットないやん」と言われて悩んでいます。 

f:id:shinod_blog:20180803073623p:plain

恋愛感情と性欲の関係性について

恋愛感情と性欲は連動するか否か。

 

質問に答えると、「そこに絶対的なルールは存在せず、する場合もあれば、しない場合もある。」というのが個人的な答えです。

 

恋愛感情と性欲は連動しなければならないといった「ルール」って元々そこにはなくて、結局好きになった相手次第で変わるものではないか、というのが持論です。

 

つまり、「恋愛感情」と「性欲」の連動という二体運動だけの話ではなく、「恋愛感情」と「相手」、「性欲」と「相手」という「相手」を巻き込んだ三体運動である気がしてなりません。

 

「好き」という感情を細かく見ていけば、性欲を抱く好きと性欲を抱かない好きという2種類あるかと思います。

 

性欲を抱かない好きとは、例えば、好きな人が家族化してしまうような好きといったところでしょうか。

 

さて、その線引きはどうやって行われたかというと、好きになった「相手」が感情を選り分けてくれた気がするのです。

 

この「人によりけり」という考え方に基づけば、昨今のカオス化している恋愛の雑多事は以下のように言い切ってしまうこともできます。

 

『性欲を抱くからといって、好きであるとは限らないし、性欲を抱かないからといって、嫌いであるとは限らない。』のように。

 

さらに、なぜ、今悩んでいるか。

 

それは「恋愛感情と性欲は"本来"連動するものである」という、そもそも論、性質論という「ルール」を絶対視しているため、その"正しさ"から外れてしまっている自分がそこにいるような気がしていて、なお、友人からそのことを指摘されているからだと思います。

 

そうではなく、「恋愛感情と性欲が連動する人もいれば、しない人もいる。」という「人」側の話に帰着させた方がより現実問題に即していて、こちら側に寄り添ってくれる解釈である気がするのです。

 

ただ、思うのに、カップルとして何をするのか、別にそれは「ルール」として、そもそも何も決められていないわけで、エロいことをしまくるカップルがいてもいいし、全くしないカップルがいてもいいと思います。

 

「毎日カレーって食べないといけないものでしょうか。」そういう次元の話に聞こえてしまうのです。

 

先程の質問を「カレー」に置き換えれば、『好きな子と食事に行きたい感情と食欲は連動するものだと思いますか?

 

食欲が全くない訳では無いんですが、自分の好きな人とカレーを食べるという発想に至りません。

 

そのことを友人に言うと「そんなん好きな子と食事いくメリットないやん」と言われて悩んでいます。』という話に聞こえるのです。

 

友人はカレーがただただ大好きな人間なのでしょう。

 

別に好きな子との楽しみ方の選択肢としては無限大で、カレー熱狂信者がいてもいいし、「俺達はうどんを食べてた方が幸せだな。」と思えれば、うどんを食べて幸せを噛みしめるカップルでもいいと思うのです。

 

楽しみ方は人それぞれで、実際、付き合うまでの駆け引きの中で、そして、価値観を提示していく中で、見極める必要があるかと思います。

 

恋愛における二体運動の問題かと思いきや、実は「相手」を巻き込んだ三体問題であるというややトリッキーな問題ですね。試験によく出ます。